睡眠の質を向上させるために やってはいけない4つのこと

スポンサーリンク

1日に必要な睡眠時間を確保できても、
眠りが浅ければ、せっかくの睡眠の意味がなくなってしまいます。

大事なのは、質の高い睡眠をとることです。

これまでに、睡眠不足 最適な睡眠時間は? で最適な睡眠時間を紹介し、
睡眠不足が体に与える悪影響を、睡眠不足症候群 で、紹介してきました。

そして最後に、質の高い睡眠をとる方法を紹介します。

睡眠 質

質の高い睡眠と聞いて、どんな事をイメージしますか?

どうすれば、質の高い睡眠をとることができるでしょうか?

睡眠の質を劇的に向上させることができれば、
睡眠不足も解消でき、充実した日々を過ごすことができます。

質の高い睡眠をとる方法、一緒に考えてみましょう。

睡眠のサイクル

まずは睡眠のサイクルを整理しましょう。

ご存知のように睡眠には、

  1. レム睡眠(浅い睡眠)
  2. ノンレム睡眠(深い睡眠)

の2種類があります。

ノンレム睡眠にもレベルがあり、深いノンレム睡眠になるほど、
脳も体全体も休まり、心身の疲労も回復します。

ですので睡眠全体の80%にあたるノンレム睡眠を、しっかりと
なるべく深くとることが大事です。

睡眠の質を改善する

睡眠の質を改善しようとすると、寝る前にやると良いことを、
どこからかつまんできて、実践しようとします。

それも大事なのですが、まずは、これまで話してきたように、
自分に必要な睡眠時間を取り、なおかつ、深い睡眠をとることです。

深い睡眠をとることが、質の高い睡眠につながります。

そのために、

  • 深い睡眠を取れる準備をすること
  • 深い睡眠を邪魔しないこと

が重要です。

ノンレム睡眠に入るのは、睡眠後3時間からです。

なるべく深いノンレム睡眠に入れるように、
寝る前の準備が大事になります。

睡眠 リラックス

寝る前にやってはいけないこと

寝るときに大事なのは、心身ともにリラックスすること。

頭と体がリラックスしていれば、深い眠りに入りやすくなります。

そのためにはまず、寝る前にやってはいけないことを守りましょう。

  1. 食事は寝る2時間前までにとる
    食べたものを消化するのには時間がかかりますので、
    なるべく寝る2時間前までには食事を済ませましょう。
    難しい場合は、なるべく消化の良いものを食べましょう。
  2. 寝る前のアルコール、カフェインは避けましょう
    これも食事と同じで、
    アルコールは1時間前、カフェインは2時間前を目安としましょう。
  3. 入浴は寝る1時間前までにする
    入浴は交感神経を刺激しますので、
    寝る直前では体がリラックスすることができません。
  4. テレビやゲームも寝る30分前にはやめる
    テレビ、ゲーム、 PCなどの光は脳に刺激を与えますので、
    寝る前にはやめて、本や音楽などを聞いてリラックスしましょう。

どうでしょうか?

これなら何とかできるのではないでしょうか?

なるべく習慣づけて、質の高い睡眠をとれるようにしましょう。

やってはいけないこと
1.食事は寝る2時間前までにとる
2.寝る前のアルコール、カフェインは避ける
3.入浴は寝る1時間前までにする
4.テレビやゲームも寝る30分前にはやめる

スポンサーリンク

こちらの記事もどうぞ

コメントを残す