睡眠不足症候群 6時間寝ているのにまだ眠いのは危険です!

スポンサーリンク

睡眠時間が足りないことを分かっていますか?

しっかり眠っているはずなのに、毎日午後眠くなったり、
仕事に集中できない日が続いてしまう…。

睡眠不足を自覚していない人が増えています。

睡眠不足 症候群

前回は、最適な睡眠時間を考えました。

今回は、慢性的な睡眠不足が続く、
睡眠不足症候群を、取り上げます。

睡眠不足症候群とは

睡眠不足症候群とは、毎日睡眠が足らない状態が続いているのに、
本人はそれに気がつかずに、毎日眠気に襲われてしまう状態です。

症状としては、

  • ほぼ毎日、日中に強い眠気を覚える
  • 夜、寝付けないことがたまにある
  • 休日は、自然と目が覚めるまで平日より長い時間眠る

また、仕事の面では、

  • 毎日、疲れた状態が続いている
  • 日々の作業に集中できる時間が短い

このような状態が続いてしまいます。

また、常に空腹感を感じたり、逆に空間を全く感じない、
そんな症状も、睡眠不足が原因の場合が多いです。

平均睡眠時間が、6時間半以下だと、
睡眠不足症候群になる可能性が高くなります。

睡眠不足症候群かもしれない

睡眠不足症候群になりやすい人には特徴があります。

 睡眠は短時間で大丈夫と思っている人

仕事バリバリの方は、睡眠は集中して5時間寝れば大丈夫
と思っている人も多いです。

何事もきっちりやらなければ気が済まない人や、
完璧主義者や負けん気の強い人に多いです。

短時間の睡眠が、生活パターンとなってしまって、
睡眠不足が慢性的になってしまっています。

 夜更かしが生活パターンになっている人

夜の方が、仕事や勉強に集中できるタイプで、
夕食を摂る時間も遅いことが多いです。

趣味の事をするために、睡眠時間を節約したり、
夜、遅くまでネットサーフィンをする人が多いです。

睡眠不足 症状

怖い睡眠不足

足らない睡眠は、週末にまとめてとればいい、
そう考えている人も多いと思いますが、睡眠不足は
1週間も続けると、体に相当な負担がかかります

わずか1週間でも、生死に関わるような重病にかかる確率も
格段にアップすることが、研究によって証明されています。

また別の研究では、睡眠不足が1週間続くと、700以上の
遺伝子がダメージを受けることも判明されています。

慢性化した睡眠不足は、肥満や心臓病などの病気
引き起こす原因となります。

まずは、自分の生活を見直してみて、
睡眠不足が続いてないか、考えてみましょう。


スポンサーリンク

こちらの記事もどうぞ

コメントを残す