睡眠不足 最適な睡眠時間は?平均はどれくらい?

スポンサーリンク

睡眠不足が体に及ぼす悪影響が指摘されています。

そもそも、睡眠不足はどうやったら分かるのか?

世の中の平均睡眠時間はどれくらいなのか、
また、最適な睡眠時間は何時間なのか、
まとめてみましょう。

睡眠時間 最適

1日8時間寝るとすれば、1日の3分の1は寝ていることになります。

つまり、人生の3分の1は寝て過ごしています

72歳が寿命だとすれば、一生のうち、なんと24年間も
寝て過ごしていることになります。

これを多いと思うか、少ないと思うかは、それぞれですが
寝なくてすめばいいのに、と思う時が多いです。

睡眠の謎

一生の3分の1を占める睡眠ですが、
どれくらいの睡眠が必要なのかは、まだ解明されていません。

自分に必要な睡眠時間
あなたははっきりと答えられますか?

「ぐっすり眠るのには、8時間は必要」
「疲れが取れるのには、7時間以上は寝ないと」

そう答えても、多分根拠はないと思います。

睡眠時間が足りていると感じている人は、ほとんどいないと思います。

自分に必要な睡眠時間を考えたとき、
それは、これだけは寝たいと言う、希望睡眠時間の場合が多いです。

平均睡眠時間

ビジネスマンを対象に行った睡眠時間のアンケートによると、
平均睡眠時間は平日が5.9時間
休日は7.2時間という結果でした。

平日の睡眠時間をもう少し細かく見ると、
5時間が30%、6時間が40%、4時間以内が5%で、
全体の4分の3を占めます。

さらに、約90%の人が、
仕事中に眠くなった経験あり、と答えています。

睡眠時間だけではなく、睡眠の質も大事ですが、
平均5.9時間の睡眠では寝不足になる、と言えるでしょう。

睡眠時間 平均

最適な睡眠時間

これまでは、「8時間が理想の睡眠時間」と言われてきました。

ただ、これは経験値であって、科学的な根拠はありませんでした。

その後、研究も進み、今主流となっている最適な睡眠時間は、
6時間半から7時間半」と言われています。

この時間が、最大の生産性を発揮できる、とされています。

ただ、個人差があるので、 6時間半から7時間半の間で
それぞれのベストとなる睡眠時間を探すことが大事です。

私も実際に試していましたが、6時間半より、7時間半の方が
私には適していると感じています。

今は、7時間と7時間半で差が出るのか、実践中です。

また、この理想の睡眠時間以上、長く眠る事は
体に悪影響を及ぼすとも言われています。

体調や、疲れの度合いなどで、多少の差は出ますが、
6時半から7時間半の中で、自分に最適な時間を見つけ、
なるべく毎日その時間寝るのが体には良いようです。


スポンサーリンク

こちらの記事もどうぞ

コメントを残す