ダニ対策まとめ 3つのポイント

スポンサーリンク

ダニを退治しても、ダニを壊滅できるわけではありません。

ダニ対策として大事なのは、ダニの数を減らすことです。

ダニ3部作の最後になりました。

これまで、
ダニに刺された時の症状
ダニ退治
を紹介してきましたが、ダニは退治して終わりではありません。

ダニの被害を最小限に抑えるために、
日頃からできる、ダニ対策をまとめてみます。

ダニが住みやすい環境

前回は、ダニの苦手な環境を紹介しましたが、
その逆、ダニが好む環境もまとめておきましょう。

  1. 高温多湿
    ダニに最適な環境は、温度20~30度、湿度60%以上です。
  2. 餌が豊富
    ダニの好物は、フケや髪の毛、皮脂、食べ残しなどです
  3. 住む場所がある
    ダニが好む住処は、畳、じゅうたん、寝具、布製品、衣類などです。

ダニ対策

家庭でできる対策として、
まずは、ダニが繁殖しにくい環境を作ることです。

 繁殖しにくい環境を作る

ダニの好む環境から考えると、
温度20度以下、湿度60%以下をキープすることですが、
これを一年中維持するのは不可能です。

家庭でできることは、

  • 部屋を締め切らず、なるべく風を通す
  • 押入れやクローゼットには除湿材を入れる
  • 布団は定期的に、天日干しをする

湿度対策に、部屋を閉め切って、エアコンをドライモードで
かける場合もありますが、エアコンでは基本除湿はできません。

私の経験からも、風を通したほうが効果的です。

クローゼットは全開にして、サーキュレーターを
数時間回しておくのも効果があります。

 繁殖したダニは殺す

布団には、布団乾燥機が効果的です。

しかし、布団の内部まで熱を通すのは不可能です。

あくまで、布団の表面の処理と割り切ることが大事です。

部屋全体の退治は、噴霧式の殺虫剤もありますが、
数回繰り返さなければならないし、薬品が気になったりで、
私に場合は、あまり効果は感じませんでした。

今使っているのは、ダニキャッチシートです。

ダニのいそうな場所に置くだけです。

ダニ 対策 ダニ 退治

ピンポイントでの使用になりますが、
今年の夏はこれで刺されることはありませんでした。

交換時期もわかるので、使いやすいです。

 ダニの死骸、糞を取り除く

アレルギーのもとになりますので、
結局は、こまめに掃除機で吸い取ることが大事です。

ダニは明るいところには出てきません。

部屋を暗くしておくと、絨毯や畳の表面に出てきます。

ダニ退治や、掃除する時は、部屋を暗くした後が効果的です。

まとめ

ダニはいなくなることはないので、増やさないことが大事です。
そのためには、掃除が最も効果的です。

布団であれば、寝るときには、枕から背中の辺までは、
バスタオルを敷き、毎日洗濯して変えるなど、
日々の努力が大事です。

頑張ってダニと共生しましょう。

ゲット!ダニキャッチシート プレミアム 5枚セット
ゲット!ダニキャッチシート プレミアム 5枚セット


スポンサーリンク

こちらの記事もどうぞ

コメントを残す