感染性胃腸炎の症状と潜伏期間

スポンサーリンク

胃腸に、ウイルスや細菌が感染することによって、
発生する感染性胃腸炎。

毎年11月から3月ごろに感染が増え、
12月がピークとなる、症状が重い病気です。

感染性胃腸炎 症状

感染性胃腸炎のウイルスは、数種類ありますが、
多いのは、ロタウイルス、ノロウイルス、アデノウイルスです。

中でも、症状が重いのがノロウイルス、
我が家では、上の子が3歳、4歳と2年連続でかかっています。

感染性胃腸炎の症状

主な症状は、発熱、腹痛、嘔吐、下痢です。

発熱は、感染初期の微熱がほとんどで、
37度から38度くらいで、高熱が出る事はほとんどありません。

乳幼児の症状のほとんどは、嘔吐と下痢です。

発症すると、すぐに嘔吐が始まるのが特徴です。

熱もなく、具合が悪い様子もなく、突然吐き出します。

これは、大人が感染した場合も同様で、本当に前触れもなく
吐き気を催し、トイレに駆け込む間もなく吐いてしまいます。

とても、不思議な感覚なのですが、気持ち悪さもなく、
突然、吐きそうと思った瞬間には、吐いてしまっている、
そんな状況です。

人から人への感染経路は、
嘔吐物や便などを触った手からの経口感染がほとんどです。

石鹸や、アルコール消毒でも菌が死なないので、
嘔吐物の処理、オムツを変えた時は、次亜塩素酸ナトリウムなど
塩素系の消毒液を利用して、消毒する必要があります。

発症してから、症状が治まるまでは、2日程度と短いです。

ただ発症中は、嘔吐や下痢が続き、脱水症状になりやすいので
注意が必要です。

子供より、大人の方が、症状は重い病気です。

感染性胃腸炎の潜伏期間

潜伏期間は、1~3日と短く、
感染すれば翌日にはほぼ症状が出ます。

また、症状が良くなってから、1週間程度は、
体内に菌が残りますので、二次感染の予防のためにも
ドアノブなどの消毒が大事です。

ウイルスがついたゴミが部屋の中を漂うだけで、
感染してしまう強力な菌です。

一度かかっても、すぐに再び感染してしまうことも多い、
感染力の強い菌ですので、感染中、感染後の消毒は
しっかりと行う必要があります。

去年、我が家で活躍した、消毒剤
感染性胃腸炎 潜伏期間
⇒クレベリンスプレー 300ml Amazon


スポンサーリンク

こちらの記事もどうぞ

コメントを残す