灯油価格 今後の変動 ガソリンより家計圧迫!

スポンサーリンク

短かった秋が終わり、本格的な冬が訪れます。

朝晩はすっかり寒くなり、暖房の活躍の季節です。

想像するだけで憂鬱になってしまう、灯油の価格。

灯油価格の今後を予想してみます。

今週で4週連続の値下がりとなったガソリン代、
来週も安くなるかもしれませんが、それも今月まで。

原油の値段も高くなってきていますので、
今週の値段が、そのまま続くのは難しいです。

12月に入れば、また徐々に値上げになるでしょう。

灯油 価格

現在の灯油価格

わずかずつ下がっているガソリンに比べて、
灯油の店頭価格は、4週連続変化なしです。

現在の価格は、全国平均101.8円、
18リットル当たり、1,832.4円です。

灯油の需要も徐々に増えていきますので、確実に今が底値です。

需要が増えれば、値段も上がるのがガソリンと灯油。

ガソリンと同じで12月に入れば、高くなるでしょう。

1ヶ月単位で見れば、ガソリン代より高くなる灯油代、
サイクルが早いだけに、家計の圧迫は実感できますね。

今後、灯油価格はどのように推移していくでしょうか?

去年のデータを参考に、予想してみます。

灯油 値段

今後の灯油価格の動向

現在の18リットルで1,833円。

この値段は、去年と比べてどうかというと、
昨シーズンの灯油の値段がピークだったのは、今年の2月。

2013年2月25日が最高値で1,826円、
ほぼ今の価格と変わりませんね。

今年は、昨シーズンの最高値からスタート、ということです。

去年の今の時期の価格を見てみると、
2012年11月19日の価格が1,628円、
今より200円以上安い価格です。

灯油を買う前から、すでに去年の1.13倍です。

昨シーズンの価格変動推移を見てみると、

  • 2012年12月17日 1,671円
  • 2013年 1月21日 1,792円
  • 2013年 2月18日 1,826円

毎週、きれいな比例で上昇しています。

価格上昇率で今年に当てはめてみると、

  • 2013年12月中旬 1,875円
  • 2014年 1月中旬 2,011円
  • 2014年 2月中旬 2,050円

こんな予想になります。

昨シーズンと比べると、18リットル1缶あたり、
200円以上高くなる予想です。

確かなのは、灯油は値上がりを始めたら、
シーズン終盤の2月末までは、安くなることはありません

今年の冬は寒くなりそうなので、灯油代の出費は去年以上と
覚悟するしかありません。

まとめ買いはできないものだけに、節約方法もありませんが、
家庭内での省エネで対応するしかありません。


スポンサーリンク

こちらの記事もどうぞ

コメントを残す