「使い方で選ぶ」手帳2014 選び方の3つのポイント!

スポンサーリンク

来年の手帳の準備はもう済みましたか?

人気のデザインは早めに無くなってしまうので急ぎましょうね。

去年までの同じタイプの手帳にするか、
心機一転、思い切って新しい手帳にするか?

簡単そうで難しい手帳選び、
手帳を選ぶ3つのポイントを紹介します。

手帳 2014

手帳を選ぶ3つのポイント

デザインやブランド以上に大事なのは、使いやすさです。

ライススタイルに合った手帳を選ぶことが、
手帳と仲良く長く付き合えるコツです。

あなたのライフスタルの中での手帳の使い方
もう一度整理してみましょう。

 手帳を常に持ち歩くか?

仕事でもプライベートでも、常に手帳を持ち歩くのなら、
小さなバッグにも入るサイズが理想です。

手帳を持つ頻度で、手帳のサイズは選びましょう。

 手帳を書くスペース

手帳に記入するのは、どんな時か考えてみましょう。

会社で書くことがメインなら、会社のデスクのスペースが重要です。

スペースが十分であれば、どんなサイズでも問題ありませんが、
極端にスペースがない場所でかくことがメインになるなら、
小さめの手帳がいいですね。

 手帳に書き込む量とデザイン

サイズの他に、手帳の記入欄にもこだわりましょう。

待ち合わせや会議など、予定がメインとなる使い方であれば、
記入スペースは少なくても大丈夫です。

仕事のことを詳細に書いたり、会議のメモにも使用する場合は
書き込むスペースが多いほうが使いやすいです。

また、手帳記入欄のデザインもいろいろで、

  • 一ヶ月が見開きで確認できるタイプ
  • 一週間が見開きのタイプ
  • 曜日が水平に並ぶタイプ
  • 曜日が垂直に並ぶ対応

などさまざまです。

記入欄も、書きやすさにつながりますので、
記入方式まで考えて手帳を選びましょう。

2014人気の手帳サイズ

人気の手帳サイズは、何と言っても文庫本と同じサイズ
A6(105x148mm)サイズです。

ここ数年、A6サイズが圧倒的人気でしたが、
今年(2014)は、システム手帳並のB6(128x182mm)サイズが、
増えてきています。

少し大きいB6サイズが使いやすい
と思う人が増えてきているのでしょう。

使いやすさとデザイン性、両方兼ね備えた、
あなたにピッタリの手帳、見つけてください。


スポンサーリンク

こちらの記事もどうぞ

コメントを残す