喪中はがきはいつまでに出す? 知っておくべき3つのこと

スポンサーリンク

身内がなくなってからの1年間は、本当にいろいろな行事があります。

お盆が終わって、秋のお彼岸も終わり、寒い季節に突入します。

喪中はがきも、そろそろ準備を始めましょう。

例年であれば、年賀状の準備は12月に入って考え出しますが、
喪中はがきは、もっと早く出さなければなりません。

喪中はがきで、知っておくべき3つのポイントをまとめます。

喪中はがき いつ

喪中はがきを出すタイミング

喪中はがきをいつ出せば良いかは、初めてでは全くわかりませんね。

喪中はがきを出すタイミングは一般的には、
10月末から12月上旬と言われています。

また、年賀状受付開始日までに、喪中ハガキが届くことが
望ましいと言われています。

2014年の年賀状の受け付け開始は、12月15日です。

ですが、12月に入ると、年賀状を準備する人はけっこう多いです。

相手が準備する前、できれば10月末から11月末までに届くのが
ベターだと思います。

喪中の範囲

喪中はがきを出すのは、
自分から見て亡くなった方が2親等以内の場合、
と言われています。

3親等の場合はダメかということではなく、
日頃の関係などで判断すればいいと思います。

ちなみに、1親等は

  • 父母
  • 配偶者の父母
  • 子供

2親等は

  • 両親の親
  • 配偶者の両親の親
  • 兄弟姉妹
  • 配偶者の兄弟姉妹

となります。

配偶者の兄弟姉妹、祖父母などは、全く交流がない場合もあるでしょう。

2親等以内でも、ケースバイケースで、
喪中にする、しないは判断していいと思いますし、
場合によっては夫婦で分けてもいいと思います。

あくまで故人との関係、故人への気持ちで判断します。

また会社経営者や自営で仕事している場合、
ビジネスとプライベートは完全に分けます

故人を知っている人、また普段から家族で付き合いのある人だけに
出すのが喪中はがきです。

喪中はがきのマナー

喪中はがきは、
喪中のため、新年のご挨拶、年賀欠礼を伝えるはがきですので、
なぜ喪中なのかの内容を書くことが必要です。

  1. いつ
  2. 誰が亡くなったのか
  3. 差出人との続柄

これを明確に伝わるように書きます。

続柄は夫婦の場合は、夫から見た続柄でいいでしょう。

妻の親の場合は、「義父(母)」、「妻の父(母)」という表記になります。

喪中はがきのポイント

  1. 喪中はがきを出すのは10月末から11月末まで
  2. 喪中の範囲は2親等以内が目安
  3. 喪中はがきのマナーを忘れずに

スポンサーリンク

こちらの記事もどうぞ

コメントを残す