あまちゃんの主題歌 甲子園で大ブレイク!

スポンサーリンク

甲子園が終わって、週が開けました。
天気も夏の終わりをかもし出し、寂しくなりますね。
あまちゃんのテーマ 主題歌 甲子園
激戦を戦い終えた球児たちは休む間もなく、
8/30から行われる、18歳以下の第26回世界野球選手権に向けて
チーム練習に入っています。

あまちゃんのテーマ 甲子園に鳴り響く

今年の高校野球、県予選から甲子園まで、
多くの高校が、あまちゃんの主題歌、オープニングテーマを
スタンドから届けてくれました。

応援曲として定番の、
山本リンダの「狙い撃ち」
ピンクレディーの「サウスポー」。

リズムがいいので、今後も応援曲の定番となる気がします。

私が見た中で、あまちゃんのテーマを演奏していたのは、
大阪桐蔭、作新学院、花巻東、そして延岡学園。

他にもあったでしょうか?

甲子園1回戦では、
「あまちゃんのテーマ」を演奏する高校は負けない、
という、あまちゃん不敗伝説まで話題になりました。

あまちゃんが盛り上げた甲子園大会となった、
今年の夏の甲子園でした。

あまちゃんのテーマ 元祖

あまちゃんのテーマを一番初めに応援曲にした高校は?

どこの高校も、
「うちが最初」と言うのでしょうが、
今のところ、岩手県久慈市の県立久慈高校が元祖とされています。

あまちゃんのロケ地にある高校なので、
反論も出ていないようです。

あまちゃんのドラマに、生徒がエキストラで出演するほど、
あまちゃんと縁がある久慈高校。

顧問の先生が、NHKから楽譜をもらい、
吹奏楽部の持ち歌にしてコンクールで披露。

それを、アレンジして、岩手県対大会で演奏をしたそうです。

その後、岩手県内の高校から楽譜がほしいと問い合わせが殺到し、
全国へ広まったとか。

久慈高校は県大会3回線で甲子園に出場した花巻東に敗れたのですが、
「岩手代表として、久慈高校の分まで頑張る」という思いから
花巻東は甲子園から、あまちゃんのテーマを演奏し始めたそうです。

延岡学園の完成された見事な応援

甲子園が終わった今でも耳に残る、あまちゃんのテーマ。

ドラマを見ていない人にまで、あまちゃんのテーマを広めたのは、
何と言っても、決勝で惜しくも敗れた延岡学園でしょう。

かくいう私もその一人です。

吹奏楽と、チアリーダーと、振り付けで盛り上げる野球部員

まさに、完成され過ぎの応援でした。

甲子園のアルプスで披露された、完璧なパフォーマンス、
やはり相当練習していたのですね。

その練習の成果がこの動画で確認できます。
(あまちゃんのテーマは3:10ころから)

動画には、野球部の応援団しか映っていませんが、
吹奏楽とチアリーダーを含めた、完璧なリハーサルです。

(右から二人目の大きい子、センス抜群です!)

野球の練習はいいのかな?
と思ってしまうほどの完成度です。


スポンサーリンク

こちらの記事もどうぞ

コメントを残す