ジェネリック家電 製品もメーカーもいろいろ!

スポンサーリンク

ジェネリック家電とは?
家電量販店が積極的にプッシュするわけとは?

ジェネリック家電

ジェネリック医薬品を真似た名前が付いていますが、
医薬品のように、部品も性能もまったく同じで、
コピーした商品ではありません

ここにきて、急に出てきた商品ではなく、
アマゾン、楽天などのネットショップや、
ディスカウントストアなどでは前から売られていました。

ジェネリック家電 代表メーカー

ジェネリック家電は、大手メーカーではない、
いわゆるノーブランド品のことを指します。

ノーブランドといっても、知名度のあるメーカーも多く、
アイリスオーヤマ、YAMAZEN(ヤマゼン)、などは、
ノーブランドとは言えないほど、有名ですね。

その他、ストーブで有名な、コロナやトヨトミも、
ジェネリック家電の代表メーカーです。

テレビ、映像関連を展開する、フナイ(船井電機)も
一度は目にしたことがあるメーカーですね。

ここに挙げたメーカーは、もはやジェネリック家電とは
呼べないほど、しっかりした商品になっています。

これら、国内メーカーの家電製品の参入により、
じわじわとジェネリック家電が浸透するようになりました。

各メーカーとも、大手メーカーを退職した技術者を多く採用し、
製品の開発にも乗り出すなど、今や大手家電メーカーを
脅かすほどに成長してきています。

そんなジェネリック家電がなぜ注目されているかというと、
今までは大手メーカーしか扱わなかった家電量販店が、
ジェネリック家電を一斉に販売し始めたからです。

そんな状況になった理由は、
地デジでピークを迎えた液晶テレビ以降、
家電製品の売上は急激に落ち込んでいるから。

そして、長引く不況でブランドより、低価格の商品へ
消費者の目が、移ってしまったせいです。

ノーブランド家電を買う時の注意

ノーブランド家電のデザインや性能は、
ブランド品とほぼ同じレベルまで迫ってきています。

ただ信頼性は?というと、まだ時間がかかるというのが
真実だと思います。

先に挙げたメーカーは、保証もしっかりしていて、
心配はありませんが、中には問題ありの商品もあります。

安さにつられて買うと、ひどいものでは
スイッチが入らないものもあります。

ただ、レシート、もしくは保証書さえ取っておけば、
すぐに新品に交換してくれます。

無名のメーカーの家電を買うときは、
保証の有無、期間をしっかり確認して買うようにしましょう。


スポンサーリンク

こちらの記事もどうぞ

コメントを残す