プリンターのインク交換 互換インク リサイクルインクは大丈夫?

スポンサーリンク

年末が近づくと、クリスマスカードや年賀状などプリンターが
活躍する季節になります。

準備もできて、いざ印刷となったら、インク残量が…

そんなことにならないように、プリンターのインク残量、
早めに確認しておきましょう。

プリンター 互換インク

高いプリンターの純正インク

早めにインクの補充にと思って、すべてが安いはずの
家電量販店に行っても、純正インクの値段の高さにはビックリしますね。

あと2,000円も足せば、新品のプリンターが買える、
毎年のことながらそう思います。

年末になると、3,000円台のプリンターが出てきて悩んでしまいます。

実際、純正インクを買うのをやめて、プリンターを買ったこともありました。

年賀状に子供の写真を使って、高品質で印刷すると、
インクの減りも半端ないですよね。

インク代を考えると、郵便局の早期申込のほうが安いのでは、
そう思ってしまいます。

参考記事:はがきの印刷

一説によると、消耗品のインクで儲かるから、プリンター本体は
安くてもいい、という狙いがあるのだとか。

互換インクとリサイクルインク

最近は、互換インクを使っています。

プリンターの用途が、コピーやハガキ印刷程度ですので、
あまり深く考えずに使っているのですが、改めて特徴をまとめます。

互換インクとは、純正インクと互換性のある
インクカートリッジです。

カートリッジ本体から、ICチップまで、すべての部品
新たに作り、互換性をもたせています。

リサイクルインクは、名前の通り、使用済みの純正カートリッジを
再利用しています。

使用済みカートリッジの状態によって、バラツキがあるので
不良率は、互換カートリッジより高めです。

互換インクのメリット

メリットはなんと言っても値段の安さ
純正インクの1/3~1/4の値段です。

また、純正インクより容量が多い互換インクも増えています。

プリンター ハガキ

互換インクを買う時の注意

純正インクとは原料が違うため、色合いが若干違ってきます。

ただ、違いを見分けるのはほぼ不可能、というレベルの違いです。

互換インクを選ぶポイントは、

  1. 残量検知機能があるか(対応プリンターのみ)
  2. 保証があるか(できれば1年保証)

この2点です。

また、互換インクを使っている場合、
メーカー保証期間中のプリンター本体の故障は
保証されないことが多いので注意が必要です。

コストパフォーマンスを重視するなら互換インクです。
⇒楽天市場で互換性インクを見る


スポンサーリンク

こちらの記事もどうぞ

コメントを残す