お歳暮を贈る時期はいつから?いつまでに送ればいい?

スポンサーリンク

1年間お世話になった人に、感謝の気持ちを形にして送るのがお歳暮。

ではこのお歳暮、いつ頃送るのがいいのでしょうか?

意外と知らない、お歳暮のマナーと併せて紹介します。

お歳暮 時期

お歳暮を送る時期

お歳暮を贈る時期は関東と関西では異なります。

  • 関東では、12月上旬から年末まで
  • 関西では、12月13日から年末まで

12月13日は、正月事始め、すす払いの日
正月を迎える準備を始める日です。

お歳暮はそもそも、年の暮れからお正月に食べるものを
お世話になった人に贈るというのが由来です。

ですので、事始めを過ぎてから送るのが、本来の筋です。

ですが近年は、12月に入ると同時に、お歳暮の発送は始まり、
都会では年々早くなってきています。

贈る時期を厳密に設定する必要はありませんが、
12月10日頃から20日頃までに贈る、これがベストでしょう。

お歳暮 いつから

知っておきたいお歳暮のマナー

 贈る相手
お歳暮は感謝の気持ちを形にして贈るものなので、
必ず贈らなければならない、というものではありません。

一般的には、離れて暮らす両親、会社の上司などです。

会社関係は、社内ルールで贈答品の禁止をしている会社もあるので、
確認が必要です。

その他は、個人的にお世話になっている親戚などです。

仲人や媒酌人は、永遠に贈り続けている人もいますが、
日常でのお付き合いが特になければ、目安として3年間は贈って、
その後は判断していいと思います。

また、お歳暮に喪中は関係ありません。

 贈ってはいけないもの

お歳暮として贈るものは、相手の家族構成や好みをよく考えて、
喜ばれるものを贈りましょう。

またお歳暮を贈るのは目上の方が多くなりますので、
履物類や、仕事に関連する時計や筆記用具は避けましょう。

 お歳暮の基本は持参
お歳暮は本来、事前に都合を聞いて、家にもっていくのが正式です。

できれば元気な姿を見せる意味でも、持参した方がいいのですが
遠方の場合など、最近では配送が主流になってきています。

配送する場合は、特に目上の方には、届く頃に挨拶状を送ると
感謝の気持ちがより伝わりやすいです。

 もし贈れなかったら?
12月に事情があって贈れなかったり、贈るべき人をうっかり
忘れてしまった場合は、年が明けて1月7日くらいまでに
「年賀」として贈りましょう。


スポンサーリンク

こちらの記事もどうぞ

コメントを残す