花粉症の人ご用心! 増加中の大人喘息(ぜんそく)の症状

スポンサーリンク

早くも大流行の兆しを見せるインフルエンザ、
年末にかけてピークを迎えるRS肺炎。

そして、増加中の大人喘息(ぜんそく)

放置すると治りにくい大人喘息、
1周間以上も咳が続いたら…、大人喘息を疑いましょう。

大人喘息 症状

咳が長引いたら要注意

風邪だと思っていたら、1週間過ぎても咳が止まらない

それも、昼間は出ないのに、朝や夜にせきこみことが多い。

そんな症状があったら、大人喘息を疑い、
早めに病院で診察を受けてください。

大人喘息は治りにくく、放置すると発作が起こりやすくなりますので、
早めの治療が肝心です。

大人喘息の原因 花粉症との関係

喘息は子どもの病気と言われていましたが、
ここ数年は30年前に比べ、大人の喘息が3倍以上増えています。

子供の喘息も増えていて、6倍に増えています。

子供の喘息の原因は、ほぼアレルギーですが、
大人の喘息は全体の6割ほどですが、最近はアレルギーが
原因の喘息が増加中です。

アレルギーによる気道の炎症が原因となる場合が多いです。

特に、花粉症の人は注意が必要で、
鼻にアレルギーが出る人は、気管支や気道にも
アレルギーが出る確率が高いです。

アレルギーの原因は、花粉を始め

  • ダニ
  • ほこり
  • カビ

などがあります。

また、最近の寒暖の差や、湿度の変化、大気汚染なども
アレルギーを引き起こす原因になっています。

また、風邪だと思って飲んだ風邪薬が原因で、
アレルギー症状を起こすこともあります。

もちろん、すべての病気の原因でもあるストレスも要因です。

大人喘息 アレルギー

大人喘息の症状

大人喘息かもしれない症状には、

  • 2週間近く咳が続く
  • 寝ている時、空気が漏れるような音が出る(ヒューヒューなど)
  • 寝る前、睡眠中に激しく咳き込む
  • 階段の昇り降り程度の運動で咳き込む

などがあります。

繰り返しますが、これらの症状があったら、なるべく早く受診し、
風邪なのか喘息なのか診てもらい、アレルギー性なのかどうか、
調べることが治療の近道です。

花粉症と同じで、突然かかってしまう大人喘息
特効薬はありませんが、早期治療が大事です。


スポンサーリンク

こちらの記事もどうぞ

コメントを残す