ノネナールが加齢臭のもと その対策と防止

スポンサーリンク

おじさん独特の匂い、いわゆる加齢臭。
その臭いのもとがノネナールという物質

none

どんな臭いかというと

  • 古い本のような臭い
  • ロウソクのロウの臭い
  • 油臭くて青臭い臭い

と言われています。

加齢臭の原因と臭いの場所

ノネナールが作り出されるメカニズムは、
他の体臭と同じく、細菌による酸化、分解によるものです。

加齢に伴って増加する皮脂中のパルミトレイン酸が、
過酸化物質や皮膚に常駐している細菌によって、
酸化・分解され、加齢臭のもと、ノネナールが作られます。

加齢臭が発生する場所は、

  • 胸元
  • 耳の後ろ
  • 首の周り
  • 背中

いろいろなところから臭う、厄介な体臭です。

加齢臭の防止と対策

加齢臭をなくすことは、その発生メカニズムから見ても
不可能です。

皮脂中のパルミトレイン酸がなくならない限り、ノネナールの
発生を抑えることはできません。

それでも、ノネナールの発生を少なくすることは可能で、
その方法は、生活習慣病の改善とほぼ同じです。

具体的には、皮脂の分泌を抑えることで、
禁煙、運動不足と、食生活の改善を心がけることです。

なかなか難しいのですが、生活習慣病の予防と
ダイエットにもつながりますので、極力、心がけましょう。

加齢臭の予防

加齢に伴い発生する臭いですし、
生活の改善といっても、運動をする時間はないし、
たまには美味しいものも食べたい。

生活習慣病は、時間をかけて良くしていきたいが、
この加齢臭だけは、今すぐにでもなくしたい!

そう思うのが当然ですよね。

極端に言えば、1時間毎にシャワーを浴びて、
臭いのもとを洗い流してしまえば、済むのですが、
このノネナール、普通の石鹸では落ちづらいのです。

ノネナールを洗い落とし、臭いを軽減する
石鹸が数多く、販売されています。

一番有名なのは、「柿渋ソープ」で、
柿タンニンが、予防効果があると言われています。

他にも、体内から臭いの元を抑えようとする、
サプリメントも、たくさん出回っています。

かの資生堂も、加齢臭に特化した、シャンプーや石鹸、
ジョイフルガーデン
を販売しています。

資生堂という名前だけで、試してみる
価値はありそうですね。


スポンサーリンク

こちらの記事もどうぞ

コメントを残す