ドライアイ その症状と 簡単にできる改善方法

スポンサーリンク

空気が乾燥してくると、目がゴロゴロしてきたり、
目が乾いていると感じることがあります。

ただの目の疲れだったらいいのですが、
もしかすると、あなたの目、ドライアイかもしれません。

ドライアイ 症状

風邪をひいたときなど、目を閉じると、目の奥が熱く感じます。

そんな目の痛みを感じ始めたら、ドライアイを疑ってください。

ドライアイの症状

仕事でパソコンやスマホを一日中見ていれば、
目の疲れを感じます。

一日中、目を使っていれば、目が充血したり、
瞼が痙攣することもあります。

実はこの症状、すべてドライアイの症状でもあります。

疲れ目とドライアイ、区別するのはとても難しく、
普段の生活の中では、気づきづらいのがドライアイです。

疲れ目には無い、ドライアイの唯一の症状は、
目の乾きを感じること

目薬をささないと、目が辛くなるほど乾いていると感じたら、
すぐに目医者さんで、ドライアイの検査をしましょう。

ドライアイの検査はとても簡単で、
目医者さんで、目を見てもらうだけでわかります。

目に直接触れることもないので、疲れ目だったとしても、
目の乾きを感じたら、まずは診てもらいましょう。

ドライアイは、目の表面が乾燥している状態ですので、
目が常に傷つきやすい状態にあります

角膜などを傷つけてしまえば、大変なことになりますので
早めに治療することが大切です。

ドライアイかどうかを、簡単にチェックする方法は、
10秒間まばたきをせず目を開けていられるか?

ゆっくり目をつぶり、ゆっくり目を開きます。

その状態で、目に力を入れず、なるべく自然な状態で10秒間
まばたきしないで目を開けていられれば、大丈夫です。

まばたきせずにはいられないほど、目が苦しければ、
すぐに目医者さんに、レッツゴーです。

ドライアイの原因

目を潤しているのは、涙です。

涙が出るのは、まつげの下の部分にある涙腺。

そして出た涙を、排出する、排水溝の役目をするのが、
下瞼の内側にある、涙点、という穴です。
(排出された涙は、鼻へ向かいます)

つまり、ドライアイになるのは、

  • 涙腺から涙が出ない
  • 涙は出るけど、目にたまらずに涙点から流れ出してしまう

どちらかが原因です。

涙腺の衰えは、加齢によるもの、筋肉の衰えが原因です。

また、パソコンやスマホを見続けることによる、
目の長時間にわたる酷使もドライアイの原因の一つです。

他にも、アイメイクで涙腺をふさいでしまっている場合や、
コンタクトレンズも目が乾きやすくなります。

ドライアイ 改善

ドライアイの治療法

ドライアイの治療の基本は、目薬をさすことです。

目の保湿効果を保つのは、ヒアルロン酸が一般的ですので、
市販の目薬ではなく、目医者さんに出してもらいましょう。

ドライアイでは無さそうだけれど、目が疲れる場合は
目を休めるとともに、涙腺を鍛えることが大事です。

簡単にできる涙腺を鍛える方法は、

  • ゆっくりと、上→下→右→左→の順に目を動かします(見ます)。
  • 次に右回りで、目を1周動かします。

これを何回か繰り返します。

もう一つの方法は、数を数えながら

  • 1、2で 普通にまばたき
  • 2、4で ぎゅっと強くまばたき
  • 5、6で リラックス

これも一日何回かすれば、目の保湿に効果があります。


スポンサーリンク

こちらの記事もどうぞ

コメントを残す